皆様、いつも卓球ラウンジノアをご配慮賜りまして
誠に有難うございます。
スタッフの安田です。


今日は、表題の大事な技術として
回り込みフォアドライブ(対下回転打ち)について記載したいと思います。」
動画では、バックに下回転のボールを多球練習で出してもらい、
回り込んでフォアドライブを打っている動画になります。
※中国ラバー(キョウヒョウneo3)で打っているため、
ドライブの音が固い音は、気になさらずお願いします。

普段のレッスンの際や、会員学生の回り込み技術において
バックに浮いたツッツキのチャンスボールの打ちミスが多いと感じ、
このブログを書こうと思いました。
ペンドラの私は、学生時代も今も試合に出る前には必ず回り込みの練習を行いますが
回り込み技術の大事さを私なりの言葉で綴りたいと思います。
※私の個人の考えなので、もし参考になれば幸いです。

私が思う回り込みを行う1番の目的は、
浮いたツッツキをフォアハンドの強打を打つことで相手にプレッシャーをかける」だと思います。
試合中に、バックに浮いたツッツキがいけば打たれると…相手にプレッシャーをかける事により
低く返さないとや、違うコースを狙わないとなど、対戦相手が返球により一層慎重にしないといけなくなり、凡ミスが重なるのではないかと思います。日本国内のトップの選手のプレーを自身の指導に活かすためにも、動画等で拝見しますが
回り込みで、積極的にフォアハンドを振っているほうが、試合の流れもうまく乗りやすく、
試合に勝ちやすいのかと思います。
だからと言って、バックもすごく大事な技術なので、
回り込みと、バックドライブのバランスを自身のプレースタイルに合わせながら
考えて頂ければ、より一層バランスの良い卓球になると思います。
※(裏裏の選手を想定して記載してます。)

対右のバッククロス対下回転の
回り込みをする際の気を付けるべきポイントは…。
①足の動きを左→右→左の順番に足を運ぶこと。
(足を動かす意識よりも、お尻を左にひいてよりコンパクトに回るイメージで打球しています。)
※文面だとなかなか伝わりづらいので、気になる方は、私に聞いてください。

バックスイングをコンパクトにする。
(バックスイングを大きくとると上半身が崩れやすいため、コンパクトにし、
右から左の体重移動とスイングを連動するように打つ事だと思います。)

なるべく力まず、スイングを振りぬいて、すぐ戻れるようにすること。
(右から左の体重移動を使い打球した後、すぐ軸足となる右足に体重を溜めれるように、
準備をすることが大事になります。)

上記の3点を気にしながら回り込みを行うようにすれば
自ずと、良い回り込みに近づくのかと思います。

この記事が、何かの参考になれば幸いです。

卓球ラウンジノアでは、
新規で学生生徒様を募集しております。
試合前で少し教えて欲しいといったスポット(1~2回)だけの個人レッスンも多く
幅広い、お客様のニーズにお応えできるかと思います。
お気軽に、お電話いただければ幸いです。
何卒、宜しくお願い致します。


★仙台駅より徒歩10分の街中卓球場★
卓球ラウンジノア 022-355-9539
マンツーマン教室が人気です。
↓↓↓ポチっと応援お願いします↓↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村