皆様、卓球ラウンジノアをご贔屓賜りまして
誠に有難うございます。
スタッフの安田です。

本日のブログとして、刺すツッツキをテーマにブログを書いていきたいと思います。
そもそも、刺すツッツキとは、台の深くに送る速いツッツキを指します。

普段のレッスンをしている時や、オープン戦での小中学生の試合を拝見するたびに
ツッツキに対して、入れているだけのツッツキをすることで、相手に思い切って攻撃される場面を
多く見ております。

そもそも、私の思うツッツキの定義は、
下回転サーブ・横回転など相手のサーブに対して、下回転をかけて低く返す技術になります。

ツッツキは、主に自身の繋ぎの技術で使われますが、
刺すツッツキを行う事が出来れば、
相手の打ちミスを誘えたり、ループドライブを打たせることができます。
最大のメリットは、相手がツッツキ打ちを行う際の足を貯めて準備する時間を少なくし
準備ができていない体勢で、打球するためミスを誘えるところにあります。


動画では、ナックルサーブにおいての
刺すツッツキを行いました。
刺すツッツキは、私自身の、得意な技術で、
普段の試合でも積極的に行う技術になります。

以前のブログにて、「台上技術 ストップを短くするためには…。」編でのお話と、
重複することはありますが、
刺すツッツキをする際には、大きくポイントが2点あります。
①早い打球点(バウンド直後)で、ボールの下に入り、
 ラケットの左上を取るようにして、少し下回転をかける(切る)。

②切りすぎてしまうと、ネットミスするので、私のイメージでは、ボールの下にラケットを入れて
10センチほど切るイメージ(ラケットを振りおろすイメージ)
で打球しております。

また、刺すツッツキを行えば
次の展開でブロックで揺さぶったり、カウンターを打ったりすることが可能であり、
自身の得点にも
繋がりやすい技術なので、試合展開を有利にすることのできる技術だと思います。

試合等で、ツッツキを行っても、よく攻め込まれている方は、一度
台上技術の中でも大切なツッツキを見直してみても良いのではないかと思います。

このブログが、何かの参考になれば幸いです。

卓球ラウンジノアでは、
新規で学生生徒様を募集しております。
個人レッスンにて、ご丁寧にご対応させて頂きます。
何卒、宜しくお願い致します。 ★仙台駅より徒歩10分の街中卓球場★
卓球ラウンジノア 022-355-9539
マンツーマン教室が人気です。
↓↓↓ポチっと応援お願いします↓↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村