こんにちは!

本日はコロナもあり最近は皆さんやる機会も減っていると思われますが、「ダブルスのレシーブのサイン」について書いていきたいと思います。

皆さんはダブルスで自分がレシーブをする際にサインは出しますか?

私は基本出す派で、過去に私自身がペアを組んできた選手も
・基本出す
・普段は出さないけど大事な局面だけは出す

という選手が多かったと感じております。(あくまで私個人の経験なので選手によっていろいろな考え方があると思います。)

ここではメリットやデメリットを考えていきたいと思います。


まずサインを出す際のメリットとしては「意思決定をしやすい」というのが挙げられると思います。

どこ(コース)に何(技術)をするか。

例としては、
・バックにツッツキをする
・ミドルにストップをする
・フォアにフリックをする
等があると思います。

ただしこれにはある程度の技術力は必要になってきますし、サインを出すデメリットにもなりかねます。
例としては、
・ナックルや上回転系のサーブが来るとストップができない
・下回転系のサーブが来るとフリックできない
ではなかなかサイン通りにレシーブはできないと思います。

しかし、発想を柔軟に変えて
・ストップのサインは出したが、もしナックルや上回転系のサーブがきたらとっさにストップせずにフリックやツッツキに切り替える。ただしコースだけはサイン通り狙う。
・フリックのサインは出したが、思ったより下回転が強かったのでツッツキに切り替える。ただしコースだけはサイン通り狙う。
等で対応できればグッドだと思います!

またサインを出すもう一つのメリットとしては、パートナーが4球目を待ちやすいというのも挙げられます。
例としては
・バックに流しをする→クロスに返ってくる確率が高くなるので、バックでブロックorカウンター待ち。
・ストップをする→仮にダブルストップがほぼないという相手の情報があれば、全面で長いの待ち。
・自分は普段チキータを使うけど、パートナーは使わない(あるいはその逆)。この場合もチキータいくよというサインがあると、パートナーとしてはとてもありがたい。(チキータを使わない人からすると、チキータからの展開には慣れが必要。)

次にデメリットです。
例としては
・ストップやチキータをしようと思ってたら、長いサーブが来て対応が遅れる。(特にストップやチキータは足、身体を台の中に入れなきゃと早めに動いてしまいがち。そのためとっさに長いサーブが来た際に詰まってしまう。)
・そもそも相手のサーブの回転が分からない。(回転がよく分からないのにコースを狙ったり技術を使う事はとても難しいので、まずは入れることに集中したほうが良い。)→これはサインを出さないメリットにもなります。

ただしデメリットの部分は経験値と技術力を上げれば徐々に解消はできると思います。


最後になりますが、ダブルスはパートナーとの信頼関係が何より大切です。
特に特定のペアがいて長年組んでいる場合、お互いのことをよく知っていれば必ずしもサインが必要ではないかもしれません。

レシーブに限らずですが
・自分がここに送る→パートナーはここで待つ。
というパターンがたくさんあるペアは強いと思うので、自由にダブルスができるようになりましたら
たくさんのパターン構築を皆さん頑張って練習してほしいなと思います(^^) ★仙台駅より徒歩10分の街中卓球場★
卓球ラウンジノア 022-355-9539
マンツーマン教室が人気です。
↓↓↓ポチっと応援お願いします↓↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村